宝くじ 高額当選者 確立 big ジャンボ ロト toto

お勧め宝くじ

ここで私のお勧めする宝くじのご紹介をしたいと思います。是非参考にしてみてください。

 

一番お勧めする宝くじはBIGとチャリロトです。正直この二つ以外は選ぶメリットが無いと言っていいです。

 

最高当選金額が6億円、12億円な上に、当選確率がジャンボ宝くじの2倍以上の当たりやすさですからね。

 

ジャンボ宝くじ、ロトと比べても当選確率、当選金共に上回っています。

 

今もジャンボ宝くじは人気ですが、ジャンボ宝くじを買っている多くの人はBIGの方が当選金額と当選確率が優れているのを知らないだけなんです。

 

仮に知ったのならほとんどの人がBIG、チャリロトを選んでいるでしょう。

 

現に若者を中心にBIG、チャリロトに変えたという人が激増しています。少しでも当選金額と当選確率を上げたいのならBIG、チャリロトを選びましょう。

 

BIG、チャリロトを選ばない人の多くに、サッカーがよくわからないから、ケイリンがよくわからないから、という理由で敬遠している人も居ます。確かにこれらを知らないととっつき難い部分はあるかもしれません。

 

しかし、BIG、チャリロトはコンピューターが自動で作るシステムですからサッカーやケイリンのルールを知らなくても全然OKです。

 

むしろサッカーやケイリンに興味のない人に興味を持って欲しいために作られた部分もありますから、むしろサッカー、ケイリンをまったく知らない人がはじめる宝くじなんです。

 

次に疑問に思うのがBIG、チャリロトの平均的な賞金はいくらなのか?ということ。最高賞金ばかり注目されていて通常がいくらなのか疑問に思う人も多いはずです。

 

こちらをご覧ください。

 

 

こちらから過去の全試合の当選記録を見てみましょう。

 

一等が当たっている場合ほぼ100パーセント6億になっているのがわかります。繰越金が現時点で60億ほど貯まっていますので、今後もほぼ100パーセントレベルで6億は維持され続けると思われます。(そうならない場合もあります。必ず確認しましょう)

チャリロトはどうでしょう。

 

チャリロトの場合、最大の魅力が最高12億円にも上る当選金額です。最高6億円の二倍になります。これは大きいです。

 

ただしチャリロトはBIGに比べ当選金額が安定していません。ほとんどが6億を下回ります。その上、1億を下回ることも頻繁に起こります。

 

当選金額を比べれば圧倒的にBIGに軍配が上がります。

 

BIG、チャリロトと当選確率は同じなので、当選金額が多い方を購入するというスタイルがベストになります。

 

チャリロトがBIGの当選金額を超える事はほとんどなく、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

その上チャリロトは税金がかかりますので、何割かは税金として取られてしまいます。つまりBIGが一番買うべき宝くじと言えます。

 

他にポイントとしてはチャリロトは一口200円ということがあります。

 

BIGが300円なことを考えますと、チャリロト3枚とBIG2枚が同じ値段で買えてしまえます。これはかなりのアドバンテージになります。

 

ですが、チャリロトには2等以下がありません。BIGの場合平均256万円入る2等などがあります。

 

このあたりは好みで選択するといいでしょう。

 

ジャンボ宝くじ、ロト6、ロト7は買う必要はないでしょう。当選金額、当選確率共にメリットがありません。

 

以上です。いかがでしたか?一番買うべきなのがBIG。そしてチャリロトを状況に応じて買っていく。これが宝くじを真剣に当てたい人のベストの購入法になります。

スポンサードリンク