宝くじ 高額当選者 確立 big ジャンボ ロト toto

宝くじ高額当選した時の話

宝くじに高額当選した時に一番印象に残っていた話

 

 

宝くじ販売所で宝くじを交換したのだが

 

 

40枚ほどの宝くじを機械に入れられた

 

 

すると機械が自動的に当選クジを判別するのである

 

 

私はめんどくさくていつも機械で判別してもらっているのだが

 

 

このときはすぐに音がなった・・・

 

 

その機械は後ろの人などに高額当選金額がばれないように高額当選したときには金額は表示せず

 

 

音で知らせるのだ。しかし音がなったときはたいして驚かなかった。

 

 

10万ぐらいでも鳴るからだ。

 

 

しかし、今も忘れない。宝くじ販売員のおばちゃんの顔が今でも忘れない

 

 

「えっ、うそ・・・。・・・・・・しょっ、少々お待ちくださいっ」

 

 

はじめての経験なのか販売員さんが目がむき出しになり、この世の終わりのような顔をしてこちらを見返したのだ・・・・

 

 

私はこの時、高額当選したのだと確信した・・・

 

 

そして、奥のブースで確認作業をしている数分の間

 

 

私の心臓の鼓動の音が過去最高の重低音でなり続けたのだ。

 

 

下手すりゃ倒れてたwww

 

 

これが私の一番印象に残っていたエピソード。今でのあの時がスローになっていく感覚が蘇ります

 

 

あ・・、当選金は2億円でしたww

スポンサードリンク